中国

1: アフィクリックしてね! ★@\(^o^)/ 2014/07/21(月) 19:31:08.63 ID:???0.net
2014年7月13日、国際競争の激化にともない、 国家のイメージが国際関係で果たす役割が日増しに顕著になってきている。中国も自国の イメージを重視するようになっているが、英B BCが発表した2013年度の国家イメージ調査によれば、中国のイメージは悪化している。な ぜ中国や米国の好感度はドイツや日本に敵わないのだろうか。香港・鳳凰衛視は「寰宇大戦略」という番組でこの問題について検討し た。以下はその概要。

BBCは世界25カ国で2万6000人以上を対象にアンケート調査を行った。 その結果、米国と中国の好感度はそれぞれ8位と9位だった。上位はドイ ツ、カナダ、EU、日本となり、日本は中国より上に位置している。英 国、フランス、米国も下位に位置し、中国はその下に位置する。

日本が4位だという結果は、われわれの神経を逆なでする。私たちは、 日本が第二次世界大戦で大きな傷跡を残したと認識している。だが、日本のイメージが上位に位置している一番重要な要因は、一般国民が高い 素養を持っていることだろう。控えめで、マナーを順守する姿勢は、普通の人にできることではない。

わが国は孔子学院などを作って努力しているが、海外旅行をする中国人の行動は人々のわれわれに対する見方に大きな影響を与えている。経済 の分野では中国は大きな成果を上げているが、国民の素養という面では 大きな改善の余地がある。
(翻訳・編集/岡本悠馬)

net7

http://news.livedoor.com/article/detail/9064034/
※引用元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1405938668/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/21(月) 16:21:25.28 ID:CTNvVlT5.net
中国メディア・中国新聞社は20日、四川省で世界に現存する最大の水生昆虫が発見されたと報じた。

7月中旬、同省成都市の昆虫博物館が青城後山での調査中に水生昆虫のオオキバヘビトンボの一種である「越中巨歯蛉」を発見。同館館長が測定したところ、羽を伸ばしたときの幅(翼開長)が21センチメートルあり、現存する世界最大の水生昆虫となった。

これまで公認されてきた世界最大翼開長の水生昆虫は、ブラジルなど中南米に生息するハビロイトトンボの仲間の19.1センチメートルだった。

また、地球史上最大だったとされる水生昆虫のメガネウラは翼開長が75センチメートルに達したというが、2億5000万年前の二畳紀に絶滅した。
no title

no title


新華経済 07/21
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/389641/
※引用元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plusd/1405927285/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

ea23772b

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 19:30:25.35 ID:???.net
中国のメディア「中新網」によると、先月、湖北省の夜明珠埠頭で、積み荷中の貨物船からこぼれた米を食べた野生のスズメが20羽以上も死んだという。貨物船に積まれていたのは中国東北部で生産された数十トン(150トン以上とのデータもある)の4種類の米で、重慶に向かう途中だったとのこと。

地元当局はこの米を検査したが、翌日に、「米には何の問題もない」と発表して、米は重慶に向けて運び出された。政府の専門家は、「米を食い過ぎたからか、他の場所で食べたものが原因だ」と死因を分析した。

しかし、この問題と専門家の分析結果が中国で広く話題となり、改めて調査を行うことに。今月初めに政府によりスズメの体内からカルボフランという農薬成分が検出されたと発表されるに至った。このカルボフランは、日本や欧米各国では使用制限されている強力な農薬で、ケニアなどでは家畜を守るために周囲に潜むライオンなどを殺す罠に用いられるほどの劇薬らしい。

政府は問題の米の移動禁止措置と呼び戻し措置をとったが、すでに一部は流通してしまったとの情報も。また、その後の継続調査では、付近のこぼれた米や土壌などからはカルボフランは検出されず、元凶は不明といった報道もされており、中国国内ではこの案件に対する疑念がますます膨らんでいる。日本が輸入する中国産米が弁当や外食産業に利用されているケースを考えると、我々も看過することができない問題だ。

ソース:日刊大衆<ヤバすぎる!中国湖北省のスズメ「路上の米食い」大量死>
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/taishu-20140720-9345/1.htm
※引用元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1405852225/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

AS20140716003387_commL

1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/07/18(金) 13:24:30.31 ID:???.net
海江田氏訪中あて外れ…序列5位会談、社民の下

民主党の海江田代表は17日、3日間の北京訪問を終え、帰国した。

海江田氏との会談に応じた中国共産党序列5位の劉雲山(リウユンシャン)党中央書記局書記は、集団的自衛権行使の限定容認に不快感を示すなど、中国の対日強硬姿勢に変化は見られなかった。6月の社民党訪中団には、劉氏より序列が上の要人が対応しており、野党第1党の存在感を示したかった海江田氏のもくろみは外れた。

◆強い不満漏らす

海江田氏は17日夜、東京・羽田空港で記者団に「率直な意見交換をしてきた。(北京に)行くことに意味があった」と強調した。

しかし、会談は総じて厳しいものだった。

中国共産党の王家瑞(ワンジアルイ)・対外連絡部長との会談で、海江田氏は、安倍首相と習近平(シージンピン)国家主席との首脳会談の実現を求めたが、色よい返事はなかった。ただ、王氏は「(日中の)現職議員の交流が少ない。自民党議員にも来てほしい」と述べた。

海江田氏は、中日友好協会会長の唐家セン(タンジアシュエン)・元国務委員との会談で、東シナ海での自衛隊機に対する中国軍機の異常接近に抗議したが、逆に「中国空軍のパイロットは規定通りの対応をしていた」と反論された。

劉氏は、集団的自衛権行使の限定容認に関連し、「(日本の)内政問題だが、北東アジアの安全にとって好ましくない」と語った。海江田氏も「内政問題だ」と指摘したが、民主党は憲法解釈の見直しに反対の立場で、「国会でしっかり論戦する。中国、韓国にしっかり説明する必要がある」と応じざるを得なかった。劉氏が会談で「中国共産党を代表して」と切り出したことから、「日本に対する厳しい空気を反映し、党の見解以外話さないということだろう」(民主党の同行筋)との見方も出た。

劉氏は、思想・宣伝担当として習氏を支える実力者の一人だ。ただ、5月に訪中した自民党など超党派の日中友好議員連盟には序列3位、社民党訪中団には序列4位が会談に応じた。民主党内には当初、序列2位の李克強(リークォーチャン)首相が応じるとの観測もあった。海江田氏も自民党などを意識し、「序列3位以上」との会談を期待しており、序列5位に決まった際、周辺に強い不満を漏らした。

日中関係筋は「尖閣国有化を実際に進めた民主党への不快感を示すためではないか」とみる。民主党内からは「社民党以下の序列なんて、野党第1党をバカにしている」(ベテラン)と反発する声も出ている。

Yomiuri Online 2014年07月18日 10時04分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140718-OYT1T50017.html

関連スレ
【日中】民主・海江田氏、尖閣めぐり意見対立、中国序列5位と会談…歴史問題、中国は「民主党の認識は正しい」と評価[07/17]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1405564320/

※引用元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1405657470/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 20:25:30.93 ID:r2rYye+D.net
もはやパクリと呼べるのか 本物がわからないのに・・・偽物iPhone6が中国で登場
2014-07-17 03:47

米アップル社の最新スマートフォン「iPhone 6」の詳細なデザインはもちろんスペックすらまだ明らかになっていないにもかかわらず、中国では早くも山寨(パクリ)版「iPhone 6」が登場した。
中国メディアの騰訊科技が米メディア「Phone Arena」の報道を引用して伝えた。

記事によれば、山寨版「iPhone 6」はGalaxy S3よりわずかに小さい4.7インチのディスプレイを採用している。続けて「山寨版であるためスペックの詳細については知る由もない」としつつも、プロセッサはMediaTekのものが使われていると推測、OS(オペレーションシステム)については「Androidをカスタマイズしたものが採用されているはず」と伝えた。

さらに記事は、ここ数年のアップル社は製品発売前に情報がリークされるケースが多かったことを指摘し、「山寨版iPhone 6はもしかしたら本物と同じデザインなのかも知れない」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1537945
※引用元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plusd/1405596330/
no title

続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

406186259e1a11f81ba60d

1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 16:34:32.75 ID:???.net
マージャン選手権で中国惨敗!日本人が優勝=「国辱だ!」「おれを出せ」「韓国人が勝ったら…」―中国ネット

2014年7月17日、先日、フランスのストラスブールで開催された第5回欧州麻雀選手権で中国チームが惨敗したことに、ネット上では非難と落胆の声が集中している。四川在線によると、中国は個人の最高成績が30位、団体では37位だった。今大会には51チームが参加し、個人では日本人が優勝、団体でも欧州と日本の混成チームが優勝した。世界麻雀組織の姚暁雷(ヤオ・シアオレイ)事務局長補佐は「(中国の)成績は振るわなかったが、欧州で麻雀が急速に発展していることに目を向けるべき。彼らはわれわれのルールにのっとってわれわれに勝利した。麻雀の普及活動がうまくいっている証拠だ」と語っている。

これに対して、中国のインターネット上では以下のような声があがっている。

「国辱だ!」

「(サッカーのワールドカップで)7点取られたブラジルより恥ずかしい」

「おれを出せ」

「麻雀でも勝てないのかよ。本当に何も言えない」

「うちの母さんを出せば優勝できる」

「優勝した日本人はどうせ中国系でしょ?」

「韓国が優勝しなくてよかった。さもなければ、世界遺産に申請される!」

「日本人にやられた!中国の麻雀は張り子の虎」

「受け入れがたい結果だな」

「サッカーの中国代表よりひどい!」

「あり得ない!選手の選抜に問題があったのだろう」

「(麻雀が)本当に強いのは、公園で踊っている人たちだよ」(翻訳・編集/北田)

サーチナ 2014年7月17日 10時31分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=91288
※引用元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1405582472/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

13467712760001

1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 21:55:13.37 ID:???0.net
中国の第四世代のJ-15艦上戦闘機は地域紛争において、米国のF-35ステルス戦闘機を打ち負かすことが可能である…7月8日、杭州のイブニングニュース紙で軍事アナリストが指摘しました。

J-15とF-35Bが直接対決すると想定して比較した場合、中国側のJ-15はより多くの燃料を搭載可能であり、一方でS/VTOL機であるF-35の機体は重く多くの燃料を消費します。したがってJ-15は1000kmぼ作戦半径を持ちますが、F-35はわずか500kmに留まります。

また空母「遼寧」は先週に命名式が行われた英国のHMS「クリーンエリザベス」よりも優れた艦載機を持つため。この艦をも撃破することが可能だとしています。しかしながらどちらも早期警戒機を持たないために潜在的な競合状態においては予測は困難であると言います。

J-15はスキージャンプ甲板から飛び立った場合のみ、7トンのペイロードを持ちます。 「これが遼寧の弱点であり、スキージャンプとアングルドフライトデッキを持つ英空母に劣る部分だ」とのことです。HMS「クイーンエリザベス」は同時に6機のF-35Bの発艦準備を行うことが可能です。

http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20140708000093&cid=1101
※引用元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1404824113/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

おすすめサイト新着NEWS

ツイートランキング


いいね!ランキング


おすすめ記事!


アクセスランキング

上へ戻る

記事一覧

下へ進む