韓国

images

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/02(水) 20:34:27.21 ID:???0.net
田母神俊雄氏 憲法解釈で「サヨク」とマスコミ批判展開

2014年07月02日 16時44分
提供:アメーバニュース/政治・社会

1日、安倍晋三内閣は、臨時閣議を行い、集団的自衛権の行使を認める新たな憲法解釈を決定した。これに対し、「戦争の歯止めあいまい」(東京新聞一面)など、憲法解釈により日本が戦争に突き進むことを懸念したり、憲法九条の危機と分析する向きもある。朝日新聞は編集委員による「日本の立憲主義の歴史において、最も不名誉な日として残るだろう」との文章を掲載した。

そんな中、元航空幕僚長の田母神俊雄氏の以下のツイートが約6000回RTされるほどの反響を獲得している。

“日本のサヨクが言っていることは惚れ惚れするぐらい間違っています。集団的自衛権の行使はサヨクが反対しているので正しい政策なのです。また中国や韓国が反対する我が国の政策は基本的に正しいのです。中韓などが賛成するような政策も必ず間違っているのです。だから集団的自衛権の行使は正しい。”

田母神氏は集団的自衛権を認める側として意見を述べているが、「正論ですよ。ユーモアのセンス抜群ですよね!」と同意する人もいるが、「『サヨクが反対してるから正しい』バカですか。現実みろよアホ」などとさすがにこれは極論では? と戒める意見も。

田母神氏はその後「国民の皆さんも気が付いていると思いますが、日本のマスコミは日本を貶める事に全力を尽くしているようなところがあります。それはマスコミの上層部にまだかつての暴力的なサヨク学生運動に参加していた全共闘世代が居残っているからです。彼らは日本を貶める事を人生の生きがいにしているのです」と述べ、マスコミおよび「サヨク」批判を展開中だ。

http://yukan-news.ameba.jp/20140702-3833/
※引用元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1404300867/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/06/19(木) 18:04:24.13 ID:???0.net
これも韓流ブーム衰退の表れなのか? サッカーW杯で日本の永遠のライバルと言われる韓国が18日、ロシアと激突した。

日本最大級のコリアンタウンで知られる東京・新大久保の有名韓国料理店には午前7時のキックオフに合わせて、続々と韓国サポーターが集結。

パブリックビューイングを前に歓声を送ったが、その光景は明らかに過去のW杯とは違った。

2002年の日韓W杯では夜通し「テーハミング(大韓民国)」の大合唱だったが、この日集まったサポーターは50~60人ほど。さらに悲惨なのは大通りに面していない飲食店だ。立地が悪いこともあり、早朝営業にもかかわらず、客が1人という店も。これには店主も「普段の大久保と変わらない。朝から店を開けて損した」と嘆くしかなかった。

試合は韓国が先制したものの、ロシアに追いつかれ1―1のドロー。
帰路に就くサポーターの中には、かつて「ワカチコ」のギャグでブレークしたお笑い芸人のゆってぃ(37)の姿もあった。

最近はめっきり見かけなくなったが、ゆってぃいわく「今日はヤフー動画の自分の番組で来ました」と仕事であることを強調。

W杯初戦に沸く韓国サポーターの姿を期待してスタンバイしていたが、イマイチな盛り上がりに「まぁまぁですね…」と微妙な表情を浮かべていた。このあたりが“持ってない芸人”なのかもしれない。

閑古鳥鳴くコリアンタウンについて、韓国人ライターは「大久保は韓流ブームとともに隆盛を築いたが、いまや日韓関係の悪化もあり、衰退の一途。駅前の韓流ショップはどんどん潰れている。W杯が盛り上がらないのも、そうした重苦しい空気が影響している」と指摘する。

結局、この日は街中での「テーハミング」の掛け声は聞かれずじまい。韓国サポーターの多くは、参鶏湯(サムゲタン)を平らげて帰るだけだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/8955461/

ゆってぃ
no title

※引用元スレ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1403168664/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

t02200124_0320018012978108484

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/19(木) 21:11:22.09 ID:???0.net
2014年06月19日 19時54分

菅官房長官は19日の記者会見で、韓国が島根県の竹島沖の日本領海を含む海域で20日に射撃訓練を行うと日本側に通報してきたことを明らかにした。

菅氏は「受け入れることはできない。極めて遺憾だ」と厳しく批判。日本政府は在韓日本大使館を通じて韓国側に抗議し、訓練の中止を求めた。

海上保安庁によると、韓国は20日午前9時~午後5時の間、竹島南西に位置する東西約150キロ、南北約55キロの長方形の海域で射撃訓練を行うと通報してきた。訓練海域の北東部分が東西約3キロ、南北約6キロにわたって竹島沖の日本の領海にかかっている。

韓国は周辺海域で射撃訓練を頻繁に行っているが、訓練海域に竹島沖の日本の領海が含まれるのは最近では例がないという。海上保安庁は航行警報を発令し、周辺の船舶に訓練海域へ近づかないように呼びかけている。韓国の日本領海内での訓練で航行警報を発令するのは初めてだ。菅氏は警報について、「竹島領有権に関する韓国側の主張、当該海域での射撃訓練を認めるものではない」と強調した。

日韓関係を巡っては、日本政府は20日、いわゆる従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話の作成過程に関する検証結果を発表する予定だ。

2014年06月19日 19時54分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140619-OYT1T50138.html?from=ycont_top_txt
※引用元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1403179882/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

0019b91eca5713bdbeaf05

1: ウエスタンラリアット(dion軍)@\(^o^)/ 2014/06/19(木) 08:35:09.36 ID:e8OOnqDd0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
no title

日米と韓国の切り離し加速へ…習主席7月初訪韓
2014年06月19日 07時21分
【ソウル=豊浦潤一】中国の習近平シージンピン国家主席が7月3、4日に国賓として初訪韓することが決まった。複数の外交消息筋が本紙に明らかにした。

習氏は朴槿恵パククネ韓国大統領と5回目の首脳会談に臨み、日米から韓国を切り離す動きを加速させる見通しだ。

習氏と朴氏は首脳会談後、共同発表文を出す予定。習氏の希望で国会も訪問する方向で調整が進んでいる。実現すれば、江沢民ジアンズォーミン、胡錦濤フージンタオ両元国家主席と同様、国会で演説する可能性が高い。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20140618-OYT1T50154.html
※引用元スレ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403134509/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 21:02:33.03 ID:???.net
(画像)
no title


2014ブラジルワールドカップ(W杯)1次リーグH組の韓国-ロシア戦が行われた18日、ソウル江南区三成洞のCOEX前の永東大路で、応援団が試合後にゴミを集めている。

ISPLUS/中央日報日本語版 2014年06月18日10時07分
http://japanese.joins.com/article/647/186647.html

関連スレ
【サッカーW杯】 日本サポーターの敗戦後の行動に称賛の嵐!中国ネット「こんなことしたことないよ」「泣きたくなる!」[06/16]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402900907/l50
※引用元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1403092953/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

ref_l

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 23:27:57.34 ID:???.net
 Blogos 池田信夫


今週のメルマガでもちょっと書いたが、日本人と韓国人は遺伝的にも地理的にもほとんど同じなのに、極端に国民性が違うのはなぜだろうか。それは先日も紹介した不完備契約理論で説明できる。

中国は絶対王制のようにみえるが、科挙で選ばれた官僚(士大夫)は10万人に1人ぐらいの「超小さな政府」である。中国のように広大な領土と膨大な人口を西洋近代のような立憲主義で統治したら、議会や司法機関にかかるコストは何百倍も必要になる。つまり『「日本史」の終わり』でも書いたように、中国の王朝は戦争を抑止する機能に特化した(ノージックとは違う意味の)最小国家なのだ。

ここで王朝を安定させているのは、露骨な暴力ではない。中国の隅々まで暴力支配したら、とんでもないコストがかかる。その権力の源泉は情報の独占だった。科挙の競争率は3000倍ともいわれ、そういう激烈な競争を勝ち抜いたエリートだけが文書を扱い、国家の情報を独占する。民衆の90%以上は、字も読めなかった。
もともと漢字は、民衆に読めないようにつくられた国家の暗号だった。

だから中国の儒教的な徳治主義は建て前だけで、実際の王朝には厳格な官僚制度はなく、士大夫の所属する親族集団(宗族)から大量に公務員や出入り業者を使うコネ社会だった。宮廷は腐敗し、所有権が法的に保証されていないので、商取引も宗族の中で行なわれ、私的な司法機関まであった。

ところが中国の制度をコピーした李氏朝鮮は儒教の建て前をそのまま制度化し、中国より厳格な官僚制度をつくり、両班と呼ばれる身分差別を固定した。科挙は行なわれたが、士大夫の子弟は貴族の地位を世襲できるようになり、極端に集権的な身分社会が500年以上続いた。

中国と朝鮮に共通するのは、民衆を徹底的に無知な状態に置く愚民主義である。それでも中国の実質的なガバナンスは宗族に分権化されていたが、朝鮮は国家にすべてを集中したので、今の北朝鮮のような統制経済になり、多くの餓死者が出た。つまり愚民主義の伝統が国家を安定させる一方で経済を停滞させ、民度を低下させたのだ。

これに対して、形式的な権威を天皇に集中して実質的な情報を分散した日本では、平和が続くと情報は下へ下へと分権化され、民衆の知的水準は高まった。江戸時代の識字率は、百姓でも50%を超えたといわれる。天皇という「軽いみこし」をかついで民衆が情報をもつことによって、日本は中国や韓国よりはるかに高い民度を実現したのである。

Blogos 池田信夫 2014年06月09日 00:11
http://blogos.com/article/88066/
※引用元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1402496877/
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

70284cc8

1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 07:15:11.79 ID:???0.net
ハ~イ!皆さん!

靖国神社にハングルで「犬畜生」という、許しがたい差別的な落書きが彫ってあったらしいな。
以前、放火した中国人は、本国で英雄になっているそうじゃないか。死者の魂の眠る場所を貶め、
破壊する行為は文化というものを知らない野蛮な恥ずべき行為だよな。

一つ疑問があるんだ。日本は第二次世界大戦で、24カ国(22カ国とも言われる)を占領したんだ。
にもかかわらず、なぜ中国と韓国だけが靖国神社に腹を立てるんだ? タイ人が文句言っているのも聞こえてこないし、
フィリピンは? マレーシアにインドは? なぜ彼らが怒っていないんだ? それは文化的だからだぜ。

戦争では敵を殺すよな。平時では罪になる行為が正当化されるのが戦争なんだ。
俺は戦争犯罪がどうやって決まっていくのか、考えてみたんだ。

連中が問題にしている戦争犯罪者は、極東軍事裁判で有罪とされた人たち。
東京裁判と呼ばれているものなんだが、日本が第二次世界大戦時に犯した戦争犯罪事件の裁判なんだ。

当時から、さまざまな地位や立場の人たちの中で、戦勝国によって行われたその裁判自体が「疑問視」されているんだ。
東京裁判は一審制で、控訴などできない非民主的な要素を持つ裁判だったからな。

たとえ裁判に疑問符が付いても、戦争犯罪の「あり」「なし」を考えれば、もちろん「あり」だ。
しかし、その理由は、日本が戦争に負けたからだと俺は考えている。

だから日本が勝っていたとしても「戦争犯罪」はあったってことになるよな。そして、日本に、米国や英国や他の国が裁かれていただろうな。

その場合、今頃韓国はたいそうデカい顔をしていることだろう。現在の連中がやっていることから考えると、
どれほどの重罪を連合国に課すか、考えただけでもおぞましいよな。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140610-00010001-asagei
※引用元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1402438511/
>>2
続きを読むにはここをクリックしてね コメントを書き込むにはココをクリック

おすすめサイト新着NEWS

ツイートランキング


いいね!ランキング


おすすめ記事!


アクセスランキング

上へ戻る

記事一覧

下へ進む